公的な証明

手彫りは、最初から最後まで手で仕上げる印鑑のことです。手彫り仕上げは、仕上げを手で行う印鑑のことで、途中までは機械で行います。手彫り仕上げは荒削りまでを機械で行い、最後の仕上げを人の手によって行っているのですが、価格に差があることがあります。○○風という言葉が世間に出回っていますが、○○風とはあくまで雰囲気であり、○○そのものではありません。手彫り仕上げの印鑑も手彫り仕上げと手彫り風印鑑に分かれることがあります。荒削りと一言でいいますが、どこまでを荒削りかは業者によって違います。その結果、ほとんど機械で削って少しだけ手をいれ手彫り風と、時間がかかる工程を機械にさせ、仕上げを人の手で行う手彫り仕上げでは手間が違い、その結果価格に差がでるのです。それを判断するのは、自分の目しかありません。これは非常に難しい判断になるのです。

その点手彫りは、最初から最後まで人の手によるもので、同じものはありません。手彫りの良さというのは、人の手による文字の風合いだけでなく、“同じものが無い”という書類社会においての実用性なのです。大人(成人)すると、実印を使う機会が必ずでてきます。格好をつけるという意味ではなく、手彫りの印鑑での実印登録は、自分を公的に登録すると同義なのです。