印鑑の種類

印鑑をあまり使わなくなったといわれる現代においても、印鑑はかなりの種類が販売されています。朱肉を使わないスタンプ式。書店や文具屋、100円ショップなどで販売されている三文判。機械彫り。手彫り仕上げ。手彫りです。

スタンプ式はわざわざ朱肉を使う必要がなく、大変便利なものです。ですが正式には印鑑と認められておらず、あくまでスタンプだというニュアンスになっています。そのため自社内ならともかく、役所に提出する書類などには使用することはできません。三文判は安価で手に入れることができ、印鑑登録も可能となっています。ですが次の機械彫りと同様に、機械ですべての工程を行いますので、文字のフォントが似通うことがあります。印鑑は同じ文字が彫ってあっても、一つ一つが違う作りになっており、それが個人を証明できるというものですが、すべての工程を機械で大量に行うとチェックの甘さもあり、どうしても類似や同じものがでてしまうことがあるのです。スタンプ式と同様な使い方をする三文判ならともかく、銀行印や実印には向かないといわれているのはこのためなのです。手彫り仕上げと手彫りは似たようなイメージを持たれるかたが多いと思いますが、次の項ではその違いを解説しましょう。